目の重さ

 

こんにちは!

ここ数年、コロナ禍で在宅のお仕事が増え、

デスクワークをする頻度が高くなった方も

ブログを拝見していただいている方の中に

いらっしゃるのではないでしょうか?

デスクワークが多い方に良く見られる、

頭痛や肩こり、目の重さ、

今回は特に目の重さについて

お話ししたいと思います。

「目が重たい」という症状の原因で

1番多いのは眼精疲労「目の疲れ」です。

眼精疲労の主な原因として、

近視や遠視、老眼、ドライアイなどが

あげられますが、

近年ではデスクワークの増加による

VDT症候群の発症率も増加しています。

✳︎VDT症候群については後に記載します。)

では、まず最初に1番多い眼精疲労について

詳しくお話ししたいと思います。

眼精疲労とは、目を使う作業を続けることで

目だけでなく全身に症状が及び、

休息や睡眠を取っても十分に

回復しないような状態を言います。

目に起こる主な症状としては、

目の重たさ、痛さ、目の霞み、

目の乾き、充血、まぶたがピクピクする、

などが挙げられ、

全身の症状としては、

頭痛、首や肩のコリ感、イライラ感、吐き気

などが挙げられます。

このような症状が起こる原因として、

上記した目の症状以外に、

猫背や撫で肩、首肩周りの筋肉の緊張による

血流不足が考えられます。

首周りの血流が悪くなると、

目を栄養する血管の血流も悪くなる為、

スムーズに栄養補給を行うことが

出来なくなり、目の疲れを感じる

ようになります。

このような症状に対して当院では、

鍼灸を用いて首肩周りの治療を行い、

身体を正しい位置に戻すように

ストレッチを行っております!

その他様々な要因に関しては、

その都度症状に合わせて治療法を

変えながら施術をおこなっております!

また、上記でお伝えした

デスクワークが多い方に起こる、

VDT症候群のVDTとは.

visual(ビジュアル)

display(ディスプレイ)

terminals(ターミナル)

の略で、いわゆるPCのディスプレイや

テレビ、スマートフォンなど

表示画面をもった情報端末のことを指します。

これら端末を頻繁に利用し続ける作業

VDT作業)によって引き起こされる目の疲れや頭痛などを含めた総称がVDT症候群です。

電子機器の進歩が凄まじい今だからこそ、

このような目の重たさや頭痛で悩む方は

多いのではないでしょうか?

頭痛に対する治療もしておりますので、

気になる方は当院にお越しください!

いいねしていただけると励みになります!!

投稿者プロフィール

百瀬来唯
百瀬来唯
【国家資格】はり師・きゅう師
【出身地】松本市
【趣味】洋服屋さん巡り・ドライブ
【好きなスポーツ】サッカー・バレー(観戦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です