帯状疱疹(たいじょうほうしん)って?

帯状疱疹とは、身体の中に潜んでいたヘルペスウイルスの一種、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスが活性化することによって起こるウイルス感染症です。

水ぼうそうにかかったことのある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

主に子どもの頃に、このウイルスにはじめて感染すると、水ぼうそうを発症します。

そして、水ぼうそうが治った後も、ウイルスは脊髄から出る神経節という部位に潜んでいます。健康で免疫力が強い間は活動が抑えられています。

しかし、加齢やストレス、過労、病気などによってウイルスに対する免疫力が低下した時に活動を始め、神経に伝わって皮膚に到達し帯状疱疹として発症します。

症状は、まず身体の一部の違和感や、チクチク、ピリピリと痛みを感じる神経痛を伴う事があります。

次に、痛みを感じた場所に赤い発疹ができ、帯状に広がる事が多く、特に背中、腹部、胸などによくみられます。

同時に発熱やリンパ節の腫れなどみられることもあります。

続いて斑点上に水疱ができて、破れ、皮膚がただれ、カサブタができます。

軽い痛みで済む方もいますが、皮膚と神経両方にウイルスが増殖して炎症が起こるため、強い痛みで夜も寝れないと悩まされることもあります。

一般的に帯状疱疹は自分では判断しにくい病気です。

身体の片側に急な痛みを感じたり、赤い発疹が出た時は我慢せず、できるだけ早く皮膚科に受診して適切な治療を受けましょう。

  • また、帯状疱疹は鍼灸治療が効果的と言われています。

鍼灸は免疫に作用するので体内の毒素に対する効果が高いと言われています。

拡散を防ぐとともに、身体の抵抗力を向上させ、早期改善を促します。

帯状疱疹は早期発見が一番なので少しでもおかしいなと思ったら相談してください。

いいねしていただけると励みになります!!

投稿者プロフィール

栁瀬舞
栁瀬舞
【国家資格】はり師・きゅう師
【出身地】松本市
【趣味】スポーツ観戦
【好きなスポーツ】陸上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

咳について