周囲とのコミュニケーションをとる➀

 

交通事故に遭ってしまったときには

警察や保険会社など、関わりのあるところへの

コミュニケーションが増えてきます。

 

事故に遭ってしまったとき

まずしなければならないのは、警察への連絡です。

 

警察は事故の処理や、被害者と加害者の話を聞き

「実況見分調書」を作成します。

 

気が動転していたり、焦っていたりして

冷静に話すことは難しいかもしれません。

 

また、「自分のせいじゃない」と考えるひとや

「たいしたことない、大丈夫」と穏便に済ませたいひとも

いるかもしれません。

 

ですが、この時の話の内容が

のちの損害賠償額に影響する可能性もあります。

 

分からないまま、つい「はい」と答えたり

サインをしてしまうと、あとになって

不利になることがあります。

 

分からないことが多すぎると

加害者側の発言が中心となってしまう可能性もありますが

あいまいな話はせずに

分からない時には、分かりませんとはっきり答えましょう。

 

冷静に対処して

『できる限り正確に事実や状況を伝える』ことが大切です。

 

いいねしていただけると励みになります!!

投稿者プロフィール

丸山由貴
丸山由貴
【職種】受付事務
【出身地】松本市
【趣味】音楽鑑賞
【好きなスポーツ】バスケットボール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

捻挫とは…?

次の記事

挫傷とは、どんなケガ?