当院での交通事故治療②

 

当院では、相手がいる対人だけではなく

自損事故での交通事故治療も対応しています。

 

自損事故は、事故が起きた時

被害者がおらず、自身のケガや車の損傷がある場合です。

もし負傷者がいた場合は「人身事故」になり、速やかに救護を行います。

 

また、自損事故でも、警察への届出が必要です。

保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」が発行されません。

 

そのあとは、自分の自動車保険を利用できる可能性があるため

自分の保険会社に事故の連絡をします。

 

一通りの連絡がすんだら、事故による体の症状はないか確認します。

 

事故直後は自覚症状がなくても

後になって痛みがでてくることがありますので

外傷がなくても医療機関を受診することをおすすめします。

 

時間が経過してから医療機関を受診した場合には

事故との因果関係を証明しにくくなります。

 

その後、体の痛みがありましたら、当院までご連絡ください。

 

自損事故によるケガでも、対人の事故と同じで

むち打ち症をはじめ、通常と違う症状が出る事が多いです。

 

体の状態を確認し、その時々の症状に応じた治療を行います。

必要であれば、他の医療機関を紹介いたいします。

 

症状が重篤で、治療経過に変化がない場合

病院にて レントゲン等の精査をお願いすることもあります。

 

自損事故であっても、症状がつらい場合には

無理をせず、ご相談ください。

 

いいねしていただけると励みになります!!

投稿者プロフィール

丸山由貴
丸山由貴
【職種】受付事務
【出身地】松本市
【趣味】音楽鑑賞
【好きなスポーツ】バスケットボール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

咳について