突き指とは、、、?

 

皆さんも1度は突き指をした事ありますか?

突き指は日常生活でよく起こる怪我でもあります。

他にはバレー、バスケ等ボールを使う競技で多く見られます。

突き指の原因としては指は筋肉量が少ないのと強い衝撃にとても弱く、構造上多方向に動けないので指が動かせる範囲以上の動きを強いられた結果、関節包や靭帯が損傷されて起こり、指が腫れて痛み、動かせなくなります。

突き指はよく軽く見られがちですが

稀に骨折や脱臼、靭帯損傷や指の変形等後遺症を残す恐れがあります。

突き指になった際すぐにやって欲しい事があります。

まずは氷で痛い所を冷やして下さい。

目安としては10~15分冷やして下さい。

湿布よりも氷水の方が断然効果が高いので

湿布はダメではないですが氷水がおすすめです。

次に痛い所は極力動かさない様安静にしときましょう。

当院でも突き指の治療は可能です。

テーピングや固定、電気療法など怪我に応じて行います。

直ぐに治療を行わないと慢性化してしまい治療期間が長くなってしまいます。

また固定期間が長くても固まって動かしにくくなるので痛みが軽減したらリハビリを開始していきます。

軽い突き指とは判断せず痛めたら当院にご相談してください!!

いいねしていただけると励みになります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

顎関節症とは?