成長痛について

子供の頃膝や踵が痛いと感じた方や今お子さんが痛いとおっしゃってる方は少ないと思います。

成長痛とは成長期の子供は骨や筋肉、関節がまだ成長途中の段階で柔らかいため骨は成長しますが筋肉によって強く引っ張られてしまい成長軟骨が炎症が起こし痛みが生じます。

特に多い膝のオスグッド、踵のシーバー病の2つをご説明します。

まずはオスグットについてです。

オスグットとは膝の下のすねの骨(脛骨)の成長する骨の軟骨の部分に膝の前の腱(膝蓋靭帯)の張力が過度にかかり続ける事でおこります。

膝の曲げ伸ばしが繰り返され前のもも(大腿四頭筋)の牽引が膝の骨(脛骨粗面)に強力な負担がかかり膝に痛みが出ます。特に10歳〜15歳に多くジャンプやランニングするスポーツに多いです。

予防としては練習、試合後の前のもものストレッチです。

次にセーバー病についてです。

8歳〜12歳のお子さんで運動後、ジャンプした時、走る時踵が痛いと訴えてる事が多いです。

セーバー病とは踵の骨の端でアキレス腱が付着しているところ(踵骨骨端部)に運動などで負担がかかり、そこにアキレス腱の引っ張る力が持続的に加わり踵の骨に炎症が起こります。

予防としてはアキレス腱周囲、足裏のストレッチ、対策としてはインソールやテーピングで衝撃を減らすなどがあります。

 

成長と共に治りますがしっかり治療を行う事と休むことが一番ですがまだ自分での判断は難しいので保護者の方が気にしてあげる事が大事になります。

もしお困りのお子さんがいらっしゃいましたら当院で治療が可能でありますのでご相談ください。

 

 

 

 

 

 

いいねしていただけると励みになります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です