周囲とのコミュニケーションをとる➁

 

交通事故に遭ってしまい、体を痛めてしまったら

必ず、症状改善のため施術が必要になります。

 

初めての施術の場合は、緊張や不安あるいは気後れしたり

遠慮してしまっていて、思っていることを

十分に伝えきれない方もいるのではないでしょうか。

 

ですが、自分の体の状態を正しく伝えることは

非常に大切なことです。

 

痛みや辛さは体の状態を伝える大切な情報です。

痛いと感じたら素直に伝えましょう。

 

また、自分が疑問に感じたことは

言いにくかったり、聞くのが恥ずかしいなどとは思わず

何でも積極的に質問しましょう。

・自分のケガの状態

・治癒までの期間

・痛みはいつまで続くのか

・仕事はどのくらいまで休めばいいのか など

 

正確な治療のためには現状を正しく把握することが欠かせません。

先生と患者さんとのコミュニケーションで

痛みや不安などを知り、より効果的な施術を行うことができます。

 

当院でも、話しかけやすい雰囲気づくりを心がけて

丁寧に対応させていただきます。

 

 

いいねしていただけると励みになります!!

投稿者プロフィール

丸山由貴
丸山由貴
【職種】受付事務
【出身地】松本市
【趣味】音楽鑑賞
【好きなスポーツ】バスケットボール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です