肋骨骨折について

 

皆さんの中で肋骨骨折を経験したことがある方はいらっしゃるでしょうか?

 

 

読んでそのままですが、肋骨が折れてしまう事を肋骨骨折と言います。

 

 

まず肋骨とは心臓や肺など胸部にある内臓を外部からの衝撃から守っている骨のことで、いわゆるあばら骨のことです。

 

 

その肋骨が衝撃などにより折れてしまう事があります。それが肋骨骨折です。

 

 

この骨折は、全部の骨折の2割ほどを占めており、外部からの衝撃が加わる事などにより発生します。

 

 

例えば交通事故や転落など強い力が加わった場合によくみられ、複数の肋骨が骨折して肺損傷を伴う場合もあります、

 

 

また、衝撃以外にもゴルフのスイングなどスポーツによる疲労骨折もみられます。

 

 

症状として、深呼吸や咳・くしゃみで痛みが強く現れたり、その箇所を押した時の痛みがみられたりします。

 

 

診断にはX線検査が用いられます(但し、肋軟骨骨折ではX線像から読み取れないことがあるため、症状などにより診断を行います)。

 

 

治療としては、心臓・肺などの損傷が無ければ痛み止めなどを使いながら保存的に治療することも可能です。痛みが強い場合にはバストバンドなどによって固定することも考えます。また肺などの損傷があれば外科的な治療も必要になってきます。

 

 

骨折を経験することは少ないと思いますが、意外と簡単に骨折は起こり得ます。胸部の痛みには骨折意外にも様々な原因が考えられます。心配があれば早めに受診しましょう。

 

 

 

 

いいねしていただけると励みになります!!

投稿者プロフィール

深澤春樹
深澤春樹
【国家資格】はり師・きゅう師
【出身地】松本市
【趣味】音楽(ギター・サックス)・読書
【好きなスポーツ】水泳・ジョギング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です