むち打ち症とは?

 

むち打ち症はおもに、自動車の追突・衝撃など

交通事故によって首が損傷を受け

むちのようにしなったために起こる症状を総称したものです。

 

軽い事故ですぐには自覚症状が出なかったり

直後の検査で異常が認められなくても

数日から1週間くらいたってから症状が現れることが多いため

直接の原因が交通事故によるものと認識しないこともあります。

 

むち打ち症の中で、全体の70~80%を占めているのが

【頚椎捻挫型(けいついねんざがた)】という、むち打ち症のタイプです。

 

頚椎の周りの筋肉や靭帯などのレントゲンには写らない、軟部組織が損傷されます。

また、首の捻挫により炎症を起こし、首の周囲の筋肉や靭帯などが

過度に伸ばされたか、断裂した状態です。

 

首を伸ばすと、首の後ろや肩の痛みが強くなり

また、首や肩の動きが制限されることもあります。

首を動かした際に痛みを感じたり、首や肩が動きにくくなるほか

背中のコリ、頭痛、めまいなどが起こります。

 

むち打ち症は、交通事故だけでなく

転んだ時に頭をぶつけて首を痛めたり

スポーツ中に、人や物などの接触で

首がふられて痛めたりする場合も起こります。

 

首の違和感や痛み・頭痛・めまい・吐き気などを感じたり

思いあたる原因がある時には

なるべく早めの受診をおすすめします。

 

いいねしていただけると励みになります!!

投稿者プロフィール

丸山由貴
丸山由貴
【職種】受付事務
【出身地】松本市
【趣味】音楽鑑賞
【好きなスポーツ】バスケットボール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です