治療の打ち切りの連絡がきたときは??

 

交通事故治療の支払いは、ほとんどの場合

自賠責保険を使うことが多いです。

 

自賠責保険は、交通事故に遭ってしまったときに

被害者が最低限の補償を受けられるように

公道を走るすべての自動車やバイクに加入することが義務付けられた保険です。

 

交通事故の治療による症状で通院する場合

その治療費は加害者側の損害保険会社から支払われることが多く

被害者側の負担は0円です。

そのため、のんびりと構えてしまうかたが多いようです。

 

ですが、自賠責保険はいつまでも使えるわけではありません。

交通事故の治療をしていて、一定期間(3ヶ月~6カ月)が経過すると

損害保険会社から、治療の打ち切りの連絡がくることがあります。

 

治療期間が長くなり、損害保険会社から

『これ以上、通院が続くと治療費が出せなくなります』

というようなことを言われて、初めて慌てだして

急いで治してほしいと訴える患者さんもいらっしゃいます。

 

ですが、回復までの期間には個人差があります。

そのような連絡があった際には、自分で解決しようとせずに

どうすればよいか、先生に相談するようにしましょう。

 

どのくらいの治り具合なのか、あとどのくらいの期間が必要なのかなどは

先生をとおして、損害保険会社とやり取りを行うことをおすすめします。

 

そのためにも、大丈夫だからと勝手に通院をやめてしまうのではなく

日常生活や、仕事の状況などを考慮しながら

先生と相談をして、来院頻度を決めます。

 

そして、しっかりと通院して

治療効果をあげていくことが大切です。

 

 

いいねしていただけると励みになります!!

投稿者プロフィール

丸山由貴
丸山由貴
【職種】受付事務
【出身地】松本市
【趣味】音楽鑑賞
【好きなスポーツ】バスケットボール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

頭痛について